1. トップ
  2. 施設案内

施設案内

  • 清和高原天文台

    阿蘇⼭の南外輪⼭に位置し、⼭都町井無⽥⾼原(通称:清和⾼原)にある清和高原天文台は、標高700mで360度⾒晴らしの良い場所にあります。
    北側には阿蘇山、南側には1000m級の九州山地を眺望でき、最高のロケーションを満喫できます。
    街明りも少なく、空気も澄んでいるので沢⼭の星空を楽しむ事ができます。

    ・標⾼:700m
    ・東経:131.06
    ・北緯:32.44

    創立の経緯

    1987年(昭和62年)11月、熊本県民天文台スタッフが現在の井無田高原でブラッドフィールド彗星の写真撮影に成功したことが新聞に取り上げられました。
    それを機に、標高が700mと高く、空気が澄んでいて光害がないことなど天体観測の好条件がそろった場所として、1988年(昭和63年)旧朝日小学校にて「第1回九州スターフェスタ」が開催され、毎年大勢の天文ファンが訪れるようになりました。
    地域の活性化にもつながることから旧清和村役場が清和高原天文台の建設に着工し、1993年(平成5年)4月に待望の天文台がオープンしました。初代台長は宮本幸男氏。2018年には創立25周年を迎えました。
  • 清和高原の宿

    清和高原天文台の西側にあるロッジタイプの宿泊施設です。(全10棟完備)
    清和高原の宿に泊まって、ひと晩中、星たちと戯れてみませんか?

    夕食・天体観測付の宿泊プランもご用意しております。
  • レストラン「星座の森」

    レストラン星座の森では、ボリューム満点の焼肉が定番メニュー。
    ご宿泊のお客さまの夕食としてご提供しています。

    軽食やコーヒーもご用意しております。
    清和高原へお越しの際は、ぜひ立ち寄りください。
  • 散策路・芝生広場

    敷地内の散策路には、季節の野草、野の花がそっと咲いてます。
    昼間の散策やお花見など、楽しむことができます。
    芝生内でのイベント利用なども承っております。
  • 清和高原天文台★観測室

    天文台の観測室は、「スライディングルーフ型」の稼働式屋根となっており、星空をほぼ全天で楽しむことが出来ます。

    観測室にある大型望遠鏡はニュートン式反射望遠鏡で、設立当初よりこの望遠鏡を置しています。

    ・口径:500mm
    ・焦点距離:2500mm(F5)
  • 清和高原天文台★研修室

    雨天時はシミュレーョンソフトを使った星空案内を研修室にて行います。

    その他、社会科見学や部活動など学校・団体様への昼間の太陽観測やワークショップも研修室にて開催しております。
  • 清和高原天文台★テラス

    双眼鏡を使ったスマホ月面撮影などは、こちらのテラスにて。
    昼間は九州山地絶景を見渡すことができます。
  • 清和高原天文台★展示コーナー

    寄贈望遠鏡の展示、季節の星座案内、天体写真などを展示しています。
  • 清和高原天文台★ショップコーナー

    天文に関する書籍、雑貨などを販売しています。来館の記念やお土産にいかがですか?

◆ その他施設 ◆

駐車場

56台(無料) (第1駐車場:26台 / 第2駐車場:30台)
営業時間外は駐車場は閉鎖しております。 

喫煙コーナー

天文台施設内:2箇所

障害者用トイレ

天文台施設内:1箇所

自動販売機

天文台施設入口:1箇所